2016年03月26日

おめかしきのこさん

原因不明のマイブーム、「くつしたを編み続ける」の
かたわら、きのこも編み続けております。

ただ編むだけでなく、ちょっとデコってみますと、なんともかわいらしいのです。


image.jpeg


image.jpeg

image.jpeg



どれもカワイイです。


おめかしきのこさんの活用法としては、ブローチにしてネックウォーマーにつけてみたり。

image.jpeg


ひもをつけてバッグのファスナーにつけるととても便利です。

完全に自己満足ですが、自分が満足出来て楽しければよろしいのです。


posted by 春雪 at 18:00| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

くつしたを編み続けております

 昨年より棒針の楽しさに気づき、いろいろ編んでみたい!と息巻いております今日このごろ。



 最近はくつしたばかり編んでおり、一足仕上げるごとに上達していけたら…と存じます。
 至極当たり前のことですが、毛糸の太さに応じた針で編むことが大切だと、今更気づきましてございます。

image.jpeg

メモ:ハマナカリッチモアパーセント
二目ゴム編み部分…棒針4号
しましま編み部分…棒針5号



 何事も基本は大事です。
 こちらのくつした、一週間かけて右足を編みましたものの…しましま部分も4号針で編んでしまいましたので、仕上がりがイマイチ美しくなく、ほどいてやり直すことにいたしました。

image.jpeg

 がんばって編んだのに…とも思いますが、このまま仕上げたところで、納得のいかないものになってしまいますと、おそらく履く気になれないと思うのです。



image.jpeg

 右足、ほどきました。
 またがんばります。



 編み物の良いところは、失敗してもやり直せますので、材料が無駄になりにくいことでございます。



 編み物グッズは、こちらのバッグに入れて持ち運んでおります。
 お友達がくださった、高円寺商店街公式キャラクター、「サイケ・デリーさん」ショルダーバッグ。
 これで、いつでもどこでも編み物ができます。

image.jpeg


posted by 春雪 at 15:34| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

Kalmah Japan Tour 2016 に行ってまいりました (心斎橋BASSO)

 し、死ぬかと思いました…



 どの曲が演奏されたのか、あまり覚えておりません。。。
 曲をちゃんと聴いてる余裕のない時間が多かったもので。。。


 ライブ(3/19)から2日経ちました本日、軽い筋肉痛が残るものの普通に日常生活を営めておりますので、ありがたく存じます。



 ちなみに当日の参戦スタイル。
 amorphis Tシャツです。
 寒いので、この上に革ジャンを羽織って会場へ。

image.jpeg




 いえ、今回こそは後列でおとなしく鑑賞するつもりでしたのですよ…
 (↑だって、スカートはいてるでしょ)
 Kalmah降臨までは3バンドが前座をされましたので、初めの2バンドまでは壁際においてあったテーブルに座って大人しくしてたのです。
 そもそも、2番手のEthereal Sin 後、そのテーブルから降りたのがまずかったのでしょう。
 と、いいますのも、目の前に杖をついたおばあさんがいらしたので。
 彼女の身長から察するに、テーブルに座れるような感じではなかったものの、せめてつかまるところがあったほうが楽かしら…と思いまして。
 しかし…杖をついたおばあさんの来るようなところではないのですけどね。
 どう見てもメタル感ゼロの、フツーのお年寄りが、何故?!とは思いましたが…



 そんな疑問が残るものの、案の定わたくしがテーブルから降りて少し離れたところに陣取りましたら、おばあさんはそのテーブルにもたれかかるようにして待ち時間を過ごされました。
 いよいいよ3番手のVreidの演奏が始まりましたら、ゆったりヘドバンされてましたので、どうやらこういったたぐいの音楽がお好きなご様子。人は見かけによらないものです。






 そして、いよいよ我らがKalmah降臨です!!
 本日一番のお目当てバンドですので、やや後方の中央あたりにポジショニングしたのがまずかったのでしょう。
 怒涛のKalmahコールとともに凄まじく押されまくり、かなり前列の右端にはじき出され、低ステージ&長身男性のすぐ後ろという最悪な場所で演奏開始、まっったく何も見えません。
 ペッカさんの金髪すら見えません。

 一曲目は「Hook The Monster」だったと思います。
 個人的に、Kalmahの曲の中で一位二位を争うほど大好きな曲です。
 禍々しくて緊張感のある超カッコいいイントロから、疾走感&破壊力満点のザクザクドコドコ…たまりません!!
 もう、じっとしていられるはずがありません。
 ペッカさんがギャンギャンギター弾いてる迫力あるシーン、見たかったですが…何も見えませんので、音だけを堪能いたしました。



 一曲目が終わった時点で、移動を開始しました。
 ギターを弾く手元が見えないのは仕方ないとしても、せめてお召し物がなんだったのかくらいは見届けたいですので、人波をかきわけ、強引に中央へ。
 これがまさに戦局を見誤った行動でございました。



 そこはまさかのモッシュピット。。。
 激しいリフが展開中の時は、常に人々から押される、というより、体当たりで突き飛ばされ続けるエリアでございます。
 突き飛ばされて、たどり着いた先で突き飛ばされ…がエンドレスで繰り返されますので、正直、曲聴いてる場合じゃありませんでした。
 いや、わたくし、一応女性なんですけど…なかなか容赦無いですね。
 バランスを崩して、倒されたら終わりです。
 わたくしも悪気はないのですが、倒れた人をあやうく踏みつけるところでしたし、なんとかよけましたものの、踏んだり踏まれたりしてしまったらシャレになりません。

 多分、あのモッシュの荒波に揉まれた女性って、わたくしだけだったような…
 どんなに体当たりされまくっても元気いっぱいでしたので、誰も助けてくださらなかったのでしょう。
 女性にしては比較的強靭な肉体に産んでくれた母に感謝でございます。




 と、まあ、荒々しい洗礼を受けましたものの、常にそういったことが続いていたわけではなく、みなさんその場で大人しく(?)ヘドバンされてる時間もありましたので、その時はすごくよく音が聴けて良かったと存じます。
 そういった意味ではとても良い場所ではありましたが。。。

 ちなみに、壮絶なポジションに来たおかげで、時折ペッカさんのお衣装が見れました!
 何故か赤いポロシャツをお召しで、しかもいつの間にかお脱ぎになられたりして、よかったです。
 せっかく上半身ハダカだというのに、肩までしか見えませんでしたが、仕方がありませんね。
 勘違いだとは思いますが、人々の間から、時々ペッカさんと目が合った気がしますし、突き飛ばされまくった甲斐がありました。



 肝心の曲は…
 順番があやふやですが、「12 Gauge」は演ったと思います。
 「Seventh Swanphony」「Pikemaster」も。
 「For The Revolution」「The Black Waltz」、あと…なんでしたっけ。記憶にないです。
 アンコールの最後が「The Trapper」、いえ、「hades」だったと思いますが、酸欠&脱水症状&体力の限界にて、途中で退出いたしました。






 いろいろ壮絶でしたものの、最後にこの日の戦利品自慢をば。
 自分用ツアーTシャツSサイズ!

image.jpeg


 バックプリントはこんな感じです。


image.jpeg









 そして実家の弟用、バンドTシャツXLサイズ!

image.jpeg

バックプリントはこんな感じ。

image.jpeg





 本日はお休みでしたので、コレ着てお買い物いってきました。

image.jpeg




 本当に、今年は個人的に来日ラッシュで、amorphis,Stratovarius,Cain's Offering,そしてKalmah、と、3ヶ月以内に4回もライブに行けまして、大変幸せでございます。
 わたくしは、ライブは年に一度のお楽しみ、というペースで参戦してましたので、もう、四年分ライブに行った感じでございます。
 ありがたや…



 このように、趣味を全力でたのしめますのは、大変恵まれていて幸せなことだと存じます。





続きを読む
posted by 春雪 at 00:15| Comment(0) | 音楽(主にヘヴィメタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

中村京聖先生の西洋占星術講座 第十二回(最終回)

 この3月の講座が、西洋占星術講座の最終回でございました。
 昨年の4月より開催され、一年間楽しく勉強させていただいたわけですが…本当にあっという間に感じます。
 12回の講座で、先生が長年培ってこられた知識を惜しげも無くご教授くださり、大変ありがたく存じます。
 とはいえ、まだまだちゃんと理解できているかアヤシイですので、今後も星の勉強は続けていくつもりでございます。



 さて、最終回であります今回は、「トランジット法」と「天王星&海王星&冥王星のアスペクト」について。



 「トランジット法」は、「困ったときのトランジット頼み」などと言われるくらい、的中率が高いもののようでございます。
 ある時期の惑星とある人の出生時の惑星とのアスペクトによってその時期の運を見る方法なのですが、これを使うと未来の事を予測したりもできるというわけです。
 未来のことを予測できるようになるためには、やはり過去の検証が大事かと存じます。
 復習がてら、今度の休日に自分の過去をほじくりかえして、イロイロ検証してみたいと存じます。

 いきなり全てのトランジットの惑星を意識するのは難しいのですが、自分の日常と惑星とつなげて考える練習のため、「月」を意識した生活を始めてみました。
 月は「日運」といって日々の運勢をあらわすものですし、感情や日常生活の細かな変化にあわられそうな気がします。
 現在の月が何座にあって、それは自分にとってどの宮にあって、その宮の主星とどんなアスペクトをとるか…といったことを意識してすごしてみます。

 なんとなく、ですが…人生におけるドラマチックで派手な幸運も素晴らしくステキなのですが、日常のささやかな幸せや喜びといったものの積み重ねが、自分にとってかけがえのないもの、大切なもののような気がしますので、月を意識しようという気になったのかもしれません。

 月を通して、「大宇宙(星々の世界)と少宇宙(じぶん)は連動している」ということをより強く体感できたらいいなあ〜と思います。



 そして「天王星&海王星&冥王星のアスペクト」。
 トランスサタニアンと呼ばれる、土星より外側にあるこれらの惑星たち、大変長い公転周期を持ちますので、個人の運勢というよりは、その世代の雰囲気といいますか、世相?をよくあらわすもののようでございます。
 とはいえ、月、太陽、といったライツとのアスペクトを通すと、その人にとって実感しやすい特徴となって現れるようでございます。

 たとえば…わたくし、月と天王星がオポジションでございます。
 解釈の一例として、「ユニークなもの、ファッション、占星術、宇宙、外国人(!)が、すごい好き。」とも読めるようです。確かにそうかも…
 基本的に、外人さん、特に白人さんが好きです。
 金髪が好きで、何が悪い?!と思いながら生きてるフシがあります。
 物心ついた頃、鏡にうつる自分の姿を見て、「なんで金髪じゃないんだ?!」と愕然とした思い出もあります。
 北の方の、緯度が高いほうの白人さんは、かなり好みです。
 北極圏あたりのサーミ人なんてもう、イケメン&美女ぞろいですし…などと好みについて語りだしますと長くなりますので、割愛いたします。
 そういえばよく、外国人観光客に道を尋ねられます。必死でつたない英語を駆使するのですが、いつも「もっとちゃんと説明してあげられたらよかったのに…」と後悔します。。。
 これらのことは、日常の中で天王星を感じるひとこま、といったところでしょうか。

 そして受講生Nさん、月と海王星がスクエア。
 ご本人曰く、「こわがり。霊は見えないけど感じる。環境で感じる」とのこと。
 マジですか…敏感な方なのですね。
 月は後天的な体質をあらわしますので、「環境で」というニュアンスはなんとなくしっくりきます。
 
 そして京聖先生、太陽と海王星がスクエア。
 「先天的に霊を感じやすい。霊は見えないけど、霊に好かれる(!)」とのこと。
 ま、マジですか…好かれるって…怖すぎるんですけど。
 でも、インスピレーションの星、海王星が効いてる感じは、占いにぴったりなのですね。
 


 などなど、他にも有名人の実例を挙げてのチャートの読み方、チラッと話題に出ましたザビアンアストロロジー、日食、などなど、もりだくさんで充実の内容でしたので、じっくり復習したいと存じます。



 このような素晴らしい学びの機会を与えてくださった、大阪易道事業協同組合と中村京聖先生に、心より感謝申し上げます。
 そして…これまでずっと細々と独学で占星術の世界をのぞいていましたわたくしが、
ちゃんとした先生に教わろう!と思うきっかけとなるお言葉をくださったY先生、ありがとう存じました。
 「独学ではなく、ちゃんとした先生に習ったほうがいいですよ」とおっしゃってくださったのは、わたくしにとって大変力強く、勇気を与えてくださったお言葉でした。

 ステキな御縁に感謝いたします。


posted by 春雪 at 22:53| Comment(0) | 占術&12宮カテゴリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

棒針編みのちいさなアイテムたち

image.jpg

 先日の黄色いチョッキの余った毛糸で、靴下を編んでみました。
 いままで履いてきた、いわゆるあったか靴下って、一体何だったのかしら…?と思うくらい、毛100%は温かいです。



image.jpg

 くしを入れるいれもの。
 本体はガーター編み、リボン部分はメリヤス編みですので、初心者でも簡単に編めて、このかわいさ。
 好きな色合いで編みましたので、大変気に入っております。


 
posted by 春雪 at 15:08| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする