2015年08月30日

アセンダント(上昇宮)が好きです 乙女座編

2016年10月追記:
占い記事は「春雪研究所」にまとめるようになりました。
よろしければ研究所の方もご覧ください。


 初回をいきなり獅子座からはじめてしまいましたので、せめて獅子座以降の順番は守りたいと思い、その2となります今回は、アセンダント(以下ASC)乙女座さんについて。。。


 ASC星座は、平たくいうと「ルックス、見た目星座」とも言われ、その人の第一印象とも言われております。

 体つきや目鼻立ち云々もさることながら、雰囲気、まとっているオーラのようなものの特徴といった、最も「その人らしい」特徴かと。

 生年月日だけでなく、生まれた時間が正確にわからないとASC星座を特定することができないのですが、ホロスコープ上でかなり重要な意味を持つものです。



 高校時代からの親友、Rさん…ASC乙女座。

 清らかな乙女の星、乙女座。主星は水星。

 前回お話しました獅子座さんとは違い、目立たなくて控えめな印象です。

 清楚で清潔感があり、几帳面な印象もあります。

 テキストによりますと、「知的な風貌、清潔感のある若々しい印象、年齢と共に頭の頂上が禿げやすい」などといった特徴があります。

 前回お話ししました獅子座さんのような、エネルギッシュな若々しさとは違い、知的で控えめ、清純な若々しさが最大の特徴かと存じます。


 確かに、Rさんはわたくしと同じアラフォーですが、どことなく幼いといいますか、おぼこいといいますか、いつまでも若々しい印象です。

 耽美な顔立ちといいますか、ギラギラ感は全くなく、目鼻立ちも小ぶりな印象で、おとなしい清楚な雰囲気です。



 ASC乙女座らしいエピソードを少し。

 Rさんは、学生時代、アルバイトで塾講師や家庭教師をされてました。

 当時20代前半だったかと存じますが、塾生から、「先生、中学生に見えるよ」と言われたこともあったようです。

 20代前半は充分若いとはいえ、当時のわたくしは中学生に見られることは絶対にありませんでしたし、やはりRさんらしい清純派乙女力のなせる技かと存じます。

 ちなみに、アルバイトが塾講師や家庭教師という知的な職種も、なんだか乙女座らしい気もします。



 また、現在お仕事でアジア系の外国人と接する機会の多いRさん、同じアジア人としてもかなり若く見えるらしく、中国の方から年齢を聞かれた際、「39歳で三人の子持ち」と言ったら、かなり驚かれたそうです。

 白人さんからしたら、わたくしたちアジア人は幼く見えるものですが、同じアジアの仲間、中国人からも相当幼く見られたようです。


 そんな、清楚な魅力の乙女座さんですが、わたくし、勝手に義母もASC乙女ではないかと睨んでおります。

 出生時間が分からないことにはASCを特定できないのですが、義母も、どこか清楚で若々しい印象の人です。

 そして、髪が少ないことを異様に気にしております。。。

 ASC乙女の人は、ほっそりしていて太りにくいという大変羨ましい特徴があるのですが、義母も、ほっそりしていて華奢な体つきですが、本人にしたら女性らしい丸みのあるボディに憧れが強いらしく、常に「春雪ちゃんはいいわよね〜、一番、ちょうどいいわね〜」と言われます。が、わたくし、「ちょうどいい」のかどうかわかりませんが、「貧相な体つき」と言われたことだけはございません。良くも悪くも。。。




 ちなみに、ASC乙女座の有名人は、ケビン・コスナーさん、ユマ・サーマンさんというウワサもあります。

 確かに、画像検索してみますと、ASC獅子座のジョニー・デップさんやミック・ジャガーさんと比較しますと、目立つ感じやギラギラ感が無い気もします。




 そして、AS乙女座さんの似合う装いは、清楚できちんとしたものかと存じます。

 妙に制服が似合う人って、もしかしてASC乙女さんかしら?とも思ったりします。

 ですので、ケバケバしいものや奇抜なものよりも、清潔感のある白い衿のついたブラウス、華美すぎないレースがあしわられたお洋服など、いずれも知的で清純なものがよろしいかと。

 色でいうなら、諸説ありますけど、ベージュ、ミントグリーン、紺。



 ASC星座らしい装いをしますと、開運するそうですので、ASC乙女座さんは、知的で控えめ、きとんと感と清潔感のある若々しい装いを意識されると良いかもしれません。




 どんな人も、その人らしくいられるのが、一番自然でステキなことです。

 自分を含め、周りの人たちがのびのびと「らしく」過ごせるために、さらなる研究を続けてまいりたいと存じます。




 前回までの星座:











posted by 春雪 at 21:23| Comment(0) | 占術&12宮カテゴリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。