2017年04月23日

異世界の絵・夢の中の実家

5年ほど前でしょうか。

一時期、毎晩眠るたびに異世界に行ったような、非常にリアルな夢を見る時期がございました。
少し不気味で、空の色が濃く、カラフルな割に暗い印象の世界。
砂埃っぽい、暗いオレンジ色のフィルターがかかったような。
人間をうまく描けませんので、緑色のゴーレムとして描いてみました。

夢の中では、ここは私の実家のある通りだ思ってるのですが、
もちろん実際はこんな様子ではありません。

IMG_1957.JPG

何かのシンボルか文字が描かれた極彩色の旗がたくさんあったのですが、
シンボルの形を忘れてしまいました。

カラフルな旗があったり、空にはレトロな飛行船がゆっくり飛んでいたり、アドバルーンが揺れていたりと、
まるで何かのお祭りでもあるのかしら?と思う反面、人々の表情が暗く沈んでいるのが印象的でした。
笑顔の人が一人もいなくて、全員地味な色の粗末な服を着て、疲れ切った表情をしています。

手前の右に立ち尽くしているのが私です。

この世界の言葉が全くわからなくて、話している言葉も、書いてある文字も読めません。

不思議なことに、街行く人々の話し言葉を集中して聞いていると、なんとなく意味がつかめてきましたが、
どれも私が欲しい情報ではありません。

私が欲しい情報、私にもわからないですが、それを聞けばわかると思っています。

何かしなければならないことがあってここに来たのですが、よく覚えていません。

私が異人だとバレると大変危険だと思っているので、できるだけ自然な様子でいようと思いつつ、
とりあえず、この道をまっすぐ奥の方へと進みました。

この後どうなったのかは覚えていません。



夢って不思議なものですね。






posted by 春雪 at 00:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

どうぶつの絵

なかなかまとまった時間がとれないと、アクリル画にとりかかれないのですが、
最近はちいさなスケッチブックを持ち歩いて、気の向くまま描いたりしております。

IMG_1935.JPG

IMG_1939.JPG

IMG_1944.JPG


お散歩中に出会ったかわいいどうぶつたちを観察して描き、帰宅後に色鉛筆で着色します。

どのどうぶつもかわいいです。


posted by 春雪 at 23:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

名月鑑賞

 最近、植物園にて、天体望遠鏡で月を見せていただく機会に恵まれました。

 こちらは、その時の感動(初めて望遠鏡を通して月を見た感動)を表現した絵でございます。


meigetsu.jpg



 本日は満月ですし、お月見ができるといいなと思います。


posted by 春雪 at 15:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ボールペンで描いた絵

image.jpg

先程、突然おりてきたイメージ。
帰省中で手元に画材がないので、とりあえずボールペンで描いてみましたが、なんの場面なのでしょうか…
自分でもわかりません。

気が向いたら、アクリルで描き直してみたいと思います。

posted by 春雪 at 23:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

「お昼ごはん」

久しぶりに、お絵描きをば。


lunchtime_blog.jpg



森の中でいただくサンドイッチとワインは格別でしょうね。
おともだちと一緒なら、なおさらです。


posted by 春雪 at 18:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

「Magic & Mayhem」

magic&mayhem_blog.jpg



 お客さんに、水を運ぶ少女です。

 
posted by 春雪 at 12:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

「青い鳥」

aoitori_forblog.jpg



 少し前に、夢に出てきた青い鳥。
 不思議なお顔をした、とてもきれいな青い鳥が、芝生の上を歩いている夢を見ました。


posted by 春雪 at 19:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

「たき火」

takibi_blog.jpg



 わたくしは、森の中で暖かいたき火を挟んで対話する相手を待つ、ちいさな動物です。
 相手が座る場所にコーヒーを置きました。

 

 

posted by 春雪 at 15:29| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

「冬の息子たち」

fuyunomusukotachi_blog.jpg



 こどもはいずれ、自分の力で食べていかなくてはならない時が来るのです。

 いつまでも父親が守ってくれるわけではありません。



posted by 春雪 at 12:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

「しめじ家族」

simeji_kazoku_blog.jpg




 家族って、不思議なものですよね。


 
posted by 春雪 at 20:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

「ネコのコーヒー」

neko_coffee_blog.jpg



 最近、コーヒーが飲めるようになりました。
昨年あたりから、コーヒーをいただいても気分が悪くならず、
むしろ美味しいと感じられるようになりました。

 一説によると、悪魔に取り憑かれたらそうなることもある、とのことですが、
多分、そうではないと思います。

posted by 春雪 at 12:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

「キツネのキノコ狩り」

kistune_blog.jpg



 かわいらしいキツネがキノコ狩りをする場面をほのぼのと描いたつもりですが、
色彩が少々ダークに感じられるのは、新年会で聞いたキタキツネにまつわる
「エキノコックス」の話が怖かったせいかもしれません。
 
 でも、キツネは大変可愛らしい動物ですので、大好きです。
 いつか北海道へ行って、キタキツネを見ることができたら…と夢見ております。


posted by 春雪 at 20:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

「エリンギイヌとリンゴ」

erinngiinu_blog.jpg



 「うっかり水の中に落としてしまったリンゴを、エリンギイヌが拾ってきてくれました。」



 …一体、何のことでしょうか。
 わたくしにも分かりません。


 この絵は、お友達へのプレゼントを制作中に、ふと下りてきたイメージを描いたものでございます。
 ちなみに、お友達にはこちらをプレゼントさせていただきました。


ringo_set_02.JPG


 かわいらしい人に、かわいらしいリンゴのアクセサリーを差し上げたい、と
思いつつ、ニードルフェルトでちくちくとリンゴを作っていましたら、
上記の意味不明な物語のカケラのようなものが降ってきました。
 
 プレゼントが完成した後も、「落としてしまったリンゴをエリンギイヌが…」が
時々思い出され、そのようなわけのわからないことは気にしないでおこうとしましたものの、
どうもすっきりしません。

 と、いうわけで絵にしてみましたら、すっきりいたしました。


 かわいらしいエリンギイヌです。


posted by 春雪 at 13:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

ちいさなアルバムの作り方

 昨日はにこるさまより思いがけないステキな贈り物をいただいたことについてお話いたしました。
 本日は、贈り物と一緒にお写真もいただきましたので、それらをしまっておくための
簡単なアルバムを作りましたので、ご紹介したいと存じます。






 いただいたお写真は、先月にこるさまご一家に植物園でお会いしました際のものです。



244.jpg



 こうして机の上に並べて眺めていますと、楽しかった一日が思い出されます。
 鑑賞しやすいように、何かアルバムに…と思いましたが、市販もので手頃なものを見つけられませんでしたので、作ってみました。



 材料は、
・ハガキの二倍の大きさの厚手の紙5枚(10枚のお写真を収納するため5枚)
・マスキングテープ
・写真のコーナー
など。

245.jpg

 厚手の紙をハガキの二倍の大きさに切り、二つ折にしたものを5枚作ります。

 それらをマスキングテープでつないでいきます。
 このように、蛇腹状になります。

246.jpg

 お写真を直接のりで貼ってもよいのですが、わたくしは写真コーナーを使いました。

247.jpg

 表紙は好きなマスキングテープを貼ってみました。

248.jpg

 このように、べろべろんっと伸ばして見ることが出来ます。

249.jpg



 最近はプリントしたお写真をいただくことがほとんどありませんので、
嬉しくて勢いで作ってみましたが、なかなかよい出来ばえと自負しております。


posted by 春雪 at 20:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

月見

 今日は新月です。

 一週間程前、ふと夜空を見ますと、比叡山の上に低くオレンジ色の月がかかっておりました。

tsukimi_blog.jpg

 このあと、少しずつ白っぽくなりながら高く上っていきました。


 

 生年月日が同じの親友曰く、ちょうどこの日あたりに、わたしたちの守り星が
ペルージャだかペシャーだか、ペのつくナントカというお星さまから月に移行したとか…

 そのようなことは全く知りませんでしたが、この日は特にオレンジ色できれいな月が印象的でしたので、絵にしてみました。

 それにしましても、「守り星」というものが一体なんなのか、
それが月になったとはどういうことなのか、今ひとつよく分かりませんが、
お月様は大好きですのでなんとなく嬉しゅうございます。





posted by 春雪 at 21:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

「栗」

 寒いよりはまだ暑いほうが我慢のできるわたくしですが、
なんだか今年は随分暑さがしつこいような気がいたします。

 季節が終わろうとする頃は、終わってしまうというさみしさもありますが、
次の季節が楽しみでもあります。

 こちらは、秋を楽しみに待つ気持ちで描きました、「栗」でございます。

kuri_entry.jpg

 なんだかバランスの悪い構図になってしまいましたので、またそのうち描き直すかもしれません。




 子供の頃は、秋になると毎年家族で山菜採りに出かけました。
 収穫物は、むかご、あけび、栗などでございます。

 むかごやあけびなど、高所に実るものを収穫することができない子供の役目は、
地面に落ちた栗をひろうことでした。

 イガイガを少し転がしてみて、自然にできた割れ目を上にします。
その左右を両足で踏みつけ、イガイガをむきます。

 そして、火箸などで中の栗をほじくり出して収穫します。
 うまくやりませんと、栗が傷んでしまいますし、イガイガが足にささって痛いです。

 虫にとっても、栗はごちそうのようですので、
虫食いでないものを収穫するためにはよく観察しなくてはなりません。



 山菜採りには久しく行っておりませんので、また機会があれば行ってみたいものでございます。


posted by 春雪 at 19:51| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

スリップノットイラストコンテスト 〜クリスさん〜

 九月になりました。


 人によると存じますが、わたくしは絵を描く際、構図や色彩を緻密に計画して描くのは
あまり得意ではありません。
 どちらかというと、勢いにまかせて一気に描きあげるほうが好きです。
 つまり、技術面が劣っていますので、今後も精進したいと存じます。





 さて、先月から応募しております、スリップノットイラストコンテストへの最後の出品作品をご紹介いたします。
 こちらは「クリスさん」です。

chris_entry.jpg


〜 SlipKnot  "All Hope Is Gone" の ”Gematria (The Killing Name)” より抜粋 〜

殺害の別名はアメリカだ
感じることも差別することもしない…
お前の町を焼き払う …
神が無関心だったらどうするんだ?
神が無関心だったらどうするんだ?」          



”Gematria (The Killing Name)”は、スリップノットの曲の中で一番好きな曲でございます。
禍々しさ、疾走感、攻撃性、凶暴性が高く、序盤から爽快にヘドバンできる感じがたまりません。


 できれば、九人全員を描き、コンテストに出品したかったのですが、
残念ながらしめきりに間に合わず、「ジョーンズさん」「コリィさん」「ジョーイさん」
そして「クリスさん」の四人しか描けませんでした。
 
 中でも、一番上手く描けたと思うのは、「コリィさん」でしょうか。

 好きなバンドのメンバーを描くのは、なかなか難しくもあり、楽しくもありましたが、
もっとさまざまな技法を身につけたいと存じました。



 ちなみに曲(ゲマトリア)を聴いて思ったことは…
 異なる価値観や文化を認めず、それらを野蛮だの後進的だのと決めつけ、「悪」であるとし、攻撃をしかけては自国の都合のよいように支配しようとする米国のやり方は、いかがなものでしょう。
 また、同じ人種や民族同士がいがみ合いように仕向ける巧妙さには、感心すら覚えますし、米国は本当におつむがよくっていらっしゃいますこと…
と、いったところでしょうか。







posted by 春雪 at 13:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

スリップノットイラストコンテスト〜「コリィさん」〜

 本日も暑い一日でございました。


 さて、普段描いております、こざっぱりした美人画とは画風が少々異なりますが、
「コリィさん」は、我ながらなかなかよく描けた気がしますので、ご紹介したいと存じます。

 corey_entry.jpg

 こちらは、スリップノットイラストコンテストに出品中でございます。
 ヴォカールのコリィさんを描きました。

 わたくしは、あまりアメリカのバンドは好きではないのですが、slipknot(スリップノット)は別格です。
 ちなみに一番好きな曲は「「Gematria (The Killing Name) / ゲマトリア (ザ・キリング・ネーム)」です。


 今回のコンテストは、複数出品可ですので、できればあと何枚か出品できたら…と存じます。



 
posted by 春雪 at 20:37| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

「思考の波」と「ジョーンズさん」

 七月も残りわずかとなり、毎日厳しい暑さが続いております。

 数日前より、pixiv(イラストSNS)を始めてみました。
 最近の作品はもちろん、過去の作品も少し投稿しております。

 ピクシブを始めた理由は、どなたかに評価して欲しいとか、イラストのおともだちが欲しいというより、
そのサーバーに作品をためておけば、自分で客観的に見て次の作品にとりかかる際に役に立つ、と
思ったからでございます。

 ピクシブを知ったきっかけは、ツイッターでした。
「スリップノットイラストコンテスト」の告知を見て、これはぜひ出品せねば、と思い、
応募要項などを見るにつれ、どうやらピクシブなるものに登録する必要があるらしい…
といった感じでございました。

 ブログの左側にピクシブのブログパーツを貼っておりますので、もしご興味ございましたらご覧くださいませ。



 さて本日は、最近描きました絵をご紹介したいと存じます。

 こちらは、「思考の波」でございます。

sikounonami.jpg

 モチーフとなったのは、帰省時に見る星空でございます。
今回は少し画材の使い方を変えてみましたものの、あまりうまくいきませんでしたが、
慣れている表現手法にこだわらず、さまざまな描き方を模索していきたいと存じます。



 そして…ピクシブ初投稿の、「スリップノットイラストコンテスト」出品作品、
「ジョーンズさん」でございます。

 あまりこういったビジュアルは一般的には歓迎されにくいかと存じますので、
追記欄にて…



続きを読む
posted by 春雪 at 20:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

デッサン教室に行ってきました

 七月もあとわずかとなりました。
 来月はお盆の帰省ができると思うと大変楽しみでございます。


 先日、大阪までデッサン教室に行ってまいりました。
 いつものことながら、わたくしはデッサンが大変苦手ですので、
集まった40名ばかりの生徒の中で、どうひいき目に見てもわたくしが
ぶっちぎりで下手でした。

 他人はよく見えるとか、自分に自信が無いからとか、そういう問題ではなく、
冷静かつ客観的に見て下手でした。
 


 他の生徒さんと自分を比べてしまうと、自分の下手さが恥ずかしいですし、
落胆することも多いですが、上達したいならば現実を受け止めることが重要です。

 とはいえ、「これが現実です」とばかりにその時に描きました見苦しい鉛筆デッサンを
お見せすることなど到底できませんので、
代わりに最近描きました自由作品を一つお目にかけたいと存じます。

kyotonohitoforblog.jpg

 こちらは、「京都の人」です。

 京都に嫁いで10年、北陸生まれの北陸育ちのわたくしから見ますと、
京都の女性は小柄で華奢、繊細、優美、柔和、儚げ…といった特徴があるような気がいたします。
 もちろん、全ての京都人に当てはまるとは思いませんが、なんとなくのイメージで
そのように感じますので、それを表現してみたつもりでございます。



 いつか、鉛筆デッサンを「作品」と称して堂々と人様にお見せできるくらい
上達したいものでございます。

posted by 春雪 at 20:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする