2012年07月29日

「思考の波」と「ジョーンズさん」

 七月も残りわずかとなり、毎日厳しい暑さが続いております。

 数日前より、pixiv(イラストSNS)を始めてみました。
 最近の作品はもちろん、過去の作品も少し投稿しております。

 ピクシブを始めた理由は、どなたかに評価して欲しいとか、イラストのおともだちが欲しいというより、
そのサーバーに作品をためておけば、自分で客観的に見て次の作品にとりかかる際に役に立つ、と
思ったからでございます。

 ピクシブを知ったきっかけは、ツイッターでした。
「スリップノットイラストコンテスト」の告知を見て、これはぜひ出品せねば、と思い、
応募要項などを見るにつれ、どうやらピクシブなるものに登録する必要があるらしい…
といった感じでございました。

 ブログの左側にピクシブのブログパーツを貼っておりますので、もしご興味ございましたらご覧くださいませ。



 さて本日は、最近描きました絵をご紹介したいと存じます。

 こちらは、「思考の波」でございます。

sikounonami.jpg

 モチーフとなったのは、帰省時に見る星空でございます。
今回は少し画材の使い方を変えてみましたものの、あまりうまくいきませんでしたが、
慣れている表現手法にこだわらず、さまざまな描き方を模索していきたいと存じます。



 そして…ピクシブ初投稿の、「スリップノットイラストコンテスト」出品作品、
「ジョーンズさん」でございます。

 あまりこういったビジュアルは一般的には歓迎されにくいかと存じますので、
追記欄にて…



続きを読む
posted by 春雪 at 20:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

デッサン教室に行ってきました

 七月もあとわずかとなりました。
 来月はお盆の帰省ができると思うと大変楽しみでございます。


 先日、大阪までデッサン教室に行ってまいりました。
 いつものことながら、わたくしはデッサンが大変苦手ですので、
集まった40名ばかりの生徒の中で、どうひいき目に見てもわたくしが
ぶっちぎりで下手でした。

 他人はよく見えるとか、自分に自信が無いからとか、そういう問題ではなく、
冷静かつ客観的に見て下手でした。
 


 他の生徒さんと自分を比べてしまうと、自分の下手さが恥ずかしいですし、
落胆することも多いですが、上達したいならば現実を受け止めることが重要です。

 とはいえ、「これが現実です」とばかりにその時に描きました見苦しい鉛筆デッサンを
お見せすることなど到底できませんので、
代わりに最近描きました自由作品を一つお目にかけたいと存じます。

kyotonohitoforblog.jpg

 こちらは、「京都の人」です。

 京都に嫁いで10年、北陸生まれの北陸育ちのわたくしから見ますと、
京都の女性は小柄で華奢、繊細、優美、柔和、儚げ…といった特徴があるような気がいたします。
 もちろん、全ての京都人に当てはまるとは思いませんが、なんとなくのイメージで
そのように感じますので、それを表現してみたつもりでございます。



 いつか、鉛筆デッサンを「作品」と称して堂々と人様にお見せできるくらい
上達したいものでございます。

posted by 春雪 at 20:24| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

「あやめ」

 六月になりました。

 数日前より、ブログのデザインが変わっておりますことにお気づきの方もいらっしゃいますでしょうか。
そろそろ蒸し暑い季節になりますので、涼しげな雰囲気をかもしだしているつもりでございます。
 デザイン変更のついでに、プロフィール画像も変えてみました。

 こちらは、プロフィール画像にしております「あやめ」でございます。

ayameforblog.jpg

 あやめのまっすぐな茎と葉、濃い紫は、わたくしにはまるで居住まいを正した思慮深い武家の女性のようにも見えますので、それを少しでも表現できれば、と思いつつ描いてみました。

 芍薬や牡丹などのような華やかさはないかもしれませんが、あやめ独特の静かで品のある佇まいは大変美しいと存じます。


 せっかく四季のある美しい国に住んでいますので、できれば今回のように、
季節毎にデザインやプロフィール画像を更新できたら…と存じます。



 

posted by 春雪 at 20:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

「紅梅」

 毎日寒い日が続きますので、春が待ち遠しゅうございます。

 今日はわたくしの最近描きました「紅梅」をご紹介したいと存じます。

koubaiforblog.jpg

 梅は、春の到来を告げますので、とても好きなお花の一つです。

 透き通る様な白い肌、うっすら赤みの差した頬、なめらかで輝くような髪…
そういったものは、平和で文化的な世の中でないと存在しにくいものでございます。
 とても美しく、尊いものと存じます。



posted by 春雪 at 21:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

「Mさん」

 今日はよいお天気でしたが、うかつに外にでましたら予想以上に寒うございました。

 さて、先月お友達のMさんとパーソナルカラー診断に行ってまいりました。
(パーソナルカラーとは、その人に似合う色のグループのことです)

 わたくしは去年診断していただき、能天気なスプリングだと判明いたしましたが、
彼女は大人っぽいテイストの似合うオータムさんだと判明いたしました。
 
 レースやおリボンといった可愛らしいものがお似合いの方だと思っておりましたので、
まさかのオータムにご本人が一番ショックだったようですが、
大人っぽくて落ち着いた雰囲気の女性に憧れるわたくしとしては
羨ましい限りでございました。

 そして、羨ましさのあまり、Mさんのイメージ画を描いてみました。

msanblog.jpg
 
 大人っぽい秋の色をまとった、ぬけるような白い肌の知的な美人さんです。
オータムの色を「枯れてるみたい…オバさんみたい…」と、お嫌なご様子でしたが、
似合う色をお召しになれば、自然と本来の魅力が溢れ出して
ますます美人さんになられることでしょう。

 そして、他のお友達もぜひカラー診断にお連れしたいと存じました。


 
posted by 春雪 at 20:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

スクーリングに行ってまいりました

 先日、大阪で行われましたスクーリングに参加いたしました。
スクーリングとは、絵の移動教室のようなもので、参加を希望する受講生が集まり、
絵について学ぶというイベントでございます。

 今回はマンガについてでして、マンガを描くことには興味はございませんが、
先生に自由作品を見ていただいたり、興味のないジャンルでもきっと勉強になると思い、
参加いたしました。

 最初の三十分ほどはマンガについての講義があり、それをふまえての実技が2時間ほど。
実技では、「出会い」というテーマで一枚の絵を描くというもので、こちらはわたくしの作品でございます。

deai.jpg

 ほかの受講生の方々の「出会い」は、ロマンチックなものや、ノスタルジックで心温まるもの、
突拍子もないもの、素敵なもの、そうでないもの…さまざまでしたが、
わたくしは日常のひとこまを描いてみました。

 一応ご説明をいたしますと、わたくしがお料理をしておりましたら、
真っ二つに切ったレタスから出会いたくないものと出会ってしまった、というシーンでございます。



 わたくしは、自分の部屋でない場所では、いつもの自分の画風で描くことができません。
消しゴムをかけるゴシゴシ音と振動、えんぴつのカリカリ音、前の人の椅子が自分の机にぶつかってくる、などなど…
どうしてもイライラしてしまい、気が散っていけません。
 未熟者故、このような集中できない環境では繊細な筆運びはとても無理ですので、
だいたいいつも太い線でやや無神経な手法に逃げてしまいます…。

 今回もそうなってしまいましたが、これはこれでよいかしら、と存じます。

 

 
posted by 春雪 at 20:18| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

「O夫人」

 お盆休みを北陸の実家で過ごし、昨日京都に戻ってまいりました。
連日36度超でしたが、実家はいまだにエアコンがございません。
 久しぶりの実家の猛暑っぷりに慣れないうちは、
頭痛と吐き気がするほどの暑さに閉口いたしましたが、
それでも自分が生まれ育った家ですので、どこよりも素晴らしいと存じます。
 なにせ去年米寿を迎えた祖母ですらこの暑さの中元気に過ごしていましたので、
わたくしもそのようなガッツあふれる年寄りになりたいと存じました。


 さて、今日はわたくしの絵をご紹介いたします。
こちらは、「O夫人」でございます。

o.jpg

 このお盆の帰省時にぜひ会いたかった友人の一人ですが、
残念ながら都合がつかず、今回は会えませんでした。

 この絵では、彼女の明るくてエネルギッシュな魅力を表現してみました。

 彼女とは、かれこれ30年ほどのお付き合いになります。
生まれた日も血液型も同じという、不思議なご縁を感じる人です。

 次の帰省はお正月ですので、その時はぜひ会いたいものです。
ラベル:美人画
posted by 春雪 at 20:25| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

「A夫人」

 もうすぐ帰省できると思うと、楽しみで仕方がありません。
友人と食事に行ったり、お墓参りをしたり、楽しみなことがもりだくさんでございます。
 そして、帰省の一番素敵なところは、そうして故郷で英気を養い、
また京都に戻ってくることでございます。


 さて、そんな楽しみな帰省の間にぜひお会いしたい人物を描きましたので、
ご紹介いたします。
 こちらは、「A夫人」(仮名)でございます。

h.jpg

 高校のときからの仲良しで、今は三児の母であるAさん。
彼女の、控えめでゆかしい品のよさを表現したいと思い、描きました。


 本人に写メで見ていただいたら、第一声が
「似ていない!でもステキ!!」でした。

 まあ、似顔絵ではなく、イメージ画ですので…
気に入っていただけて嬉しゅうございます。
ラベル:美人画
posted by 春雪 at 10:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

「かんざし」

 来週実家に帰省すると思うと、今からとても楽しみでしかたがありません。

 わたくしの実家は北陸の片田舎ですので、華々しいものは何もございませんが、
水と空気のきれいな、豊かな自然に囲まれたところでございます。

 現在住んでおります京都もとても素晴らしいところでございますが、
田舎育ちのわたくしとしましては、時折閉塞感を感じるというか、
息が詰まるように思うこともございます。
 ときどき、田舎に帰ることで、自分の中にある何か(…潤い?イマジネーション?)
が枯渇してしまわないようにケアする必要があるのかもしれません。



 さて今日も、わたくしの絵をご紹介したいと存じます。
こちらは、「かんざし」でございます。

kanzasiforblog.jpg

 日本人女性がもっとも美しく魅力的に見えるのは、なんといっても和装でございます。
 お着物が似合う、素敵な女性になりたいものでございます。
ラベル:美人画
posted by 春雪 at 19:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

「帽子」

 今日も慣れないウインドウズから投稿いたします。
この、「ウインドウズ」と、カタカナに変換するだけで大変な作業でございました。
(F7を押せばよいと分かるまで、かなり苦戦いたしました)
Macなら Ctrl+k で簡単ですのに。

 さて、今日は最近描きました絵をご紹介いたします。
こちらは「帽子」でございます。

bousiforblog.jpg

 今の時期、帽子は欠かせないアイテムでございます。
日傘も優雅でよいのですが、荷物が多かったりしますと、
やはり帽子のほうが便利でございます。
 難点は、脱いだ時に頭がぺっちゃんこになることでしょうか。
その点を除けは、帽子は素晴らしいアイテムでございます。


 帽子といえば先月、ひとまわり年の離れた職場の後輩のお誕生日プレゼントに
麦わら帽子を選んだのですが、あまりのかわいさに自分用にも欲しくなり、
強制オソロになってしまったことはまだ内緒です…。
ラベル:美人画
posted by 春雪 at 19:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

「化粧」

 昨夜は激しい風雨でございました。
 子供の頃からそうなのですが、台風がくると異様な興奮を覚え、
川の様子を見に行きたくてたまらなくなります。
 しかしそれは淑女のすることではないような気がいたしますので、
我慢いたしております。


 さて、今日もわたくしの作品をご紹介したいと存じます。
こちらは、「化粧」でございます。

keshouforblog.jpg

 毎朝のお化粧は、基本的には楽しいことではありますが、
面倒でやっかいなことに感じる日もございます。
 そんなときは、たいてい時間にも精神にも余裕のない時のような気がいたします。
 
 余裕を持って起床し、丁寧にお化粧ができる時間を作りたいものでございます。
posted by 春雪 at 22:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

「愛染明王」

 本日の京都は珍しく雨がふり、大変蒸し暑うございます。
しかし、この蒸し暑さも、わたくしの故郷の蒸し暑さに比べましたら、
まだましなほうでございます。


 さて、蒸し暑い最中ではありますが、暑苦しい作品をご紹介したいと存じます。
こちらは、「愛染明王(アイゼンミョウオウ)」でございます。

aizenforblog.jpg

 愛染明王は、わたくしが最も好きな仏様です。
こちらの仏様の特徴の一つに、肌の色が真っ赤であることが挙げられますが、
これは愛情や欲望の激しさをしめしているそうです。

 愛染明王をテーマにした作品はこちらで三作目になりますが、おそらく
今後も描き続けるテーマの一つになりそうでございます。

posted by 春雪 at 12:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

デッサン教室

 今日は大阪までデッサン教室に行ってまいりました。

 わたくしは、美人画を描くのが好きなくせに人物デッサンがものすごく下手なので、
(謙遜ではなく、本当に悲しくなるほど下手で、いっこうに上達しませんので)
できるだけヌードデッサンの教室には通う事にしております。

 午後からのヌードデッサンの前に、午前中は、自由作品講評という、
自分が描いた作品を先生に見ていただく時間が設けられておりましたので、
わたくしも持参した作品をみていただきました。

 プロフィールにも使用しております、「桃」が、
わたくしに似ていると先生に言われ、かなり驚きました。

momoforblog.jpg


 こんなに色白でも、美人でもありません。
 しかし、絵は自分に似るものかもしれませんので、美人を描きたかったら
自分自身が美しくなるのが一番手っ取り早いのかもしれない、と思うものの、今更どうしようも無いような…
 


 なにはともあれ、やはり人物を描くにはデッサン力があるにこしたことはない、と
つくづく感じました。
 他の生徒さんのデッサンを拝見しましたが、みなさん本当にお上手で、
いつものことですが、わたくしなど場違いな気がいたしました。

 今日は上位10人のデッサンが選ばれて前に展示され、
みんなで先生の講評を聞く、という形でしたのでまだよかったですが、
前回は全員のデッサンを前に並べる形でしたので、そのときはもう
恥ずかしくって仕方がありませんでした。
 たくさんの上手なデッサン画の中で、とびぬけて下手なのが自分のなのです…。
スケッチブックごと消えてなくなりたいくらい気持ちになりますが、
この現実から目をそむけていては上達はしません。

 好きなものを好きなように描く自由作品を上手に描きたかったら、
デッサンはさけて通れませんので、また精進したいと存じました。
posted by 春雪 at 22:12| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

「桃」

 昨日にひきつづき、今日もわたくしの絵をご覧いただきとう存じます。


 こちらは、「桃」でございます。

momoforblog.jpg

 桃は、とてもかわいらしいお花です。
なんとなくですが、ちょっぴり甘やかされて育った、
愛くるしい女の子、といったイメージもあります。


 わたくしの大好きな「こびとづかん」の「カクレモモジリ」が、もし女の子だったら
こんな感じかしら、と思い描いてみました。


 ご参考までに、カクレモモジリのぬいぐるみでございます。

100827_1508_01.JPG

 100827_1510_01.JPG

 カクレモモジリのぬいぐるみがとても好きですので、いつも寝る前に少しお話をしてから眠ります。
 わたくしは、春が待ち遠しくてなりません。
 モモジリも、そう思っているようでございます。

ラベル:美人画
posted by 春雪 at 23:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

「梅」

 三月になったというのに、今日も雪が降り寒い一日でございました。
早く暖かくなってほしいものです。


 こちらは、先日仕上げました「梅」でございます。

umeforblog.jpg

 厳しい冬が過ぎ、一番に春の到来を告げるお花といえば、梅でしょうか。
温かみがあり、かわいらしいお花です。
 寒くて色彩の乏しい世界の中で咲く、気丈なお花、という印象もあります。

 こちらの絵も毎日少しずつ仕上げたものです。
きれいな絵ではありますが、線の切れ味がいまひとつ。
もっと流れるように滑らかで、優雅でありつつシャープな線が
描けるようになりたいものでございます。
ラベル:美人画
posted by 春雪 at 21:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

人魚姫

 二月も後半になり、少しずつ暖かくなってきているようで、ありがたいものでございます。


 今日は、先日仕上げました「人魚姫」をご覧いただきたいと存じます。


ninngyohime.JPG
Illustration by Shunsetsu

 ラストが悲劇的であることで有名なお話でございますが、
同時にとても美しくて清らかなお話でもあると存じます。
 

 絵を描いていますと、4〜5時間などすぐに経ってしまいます。
6〜7時間程の、まとまった時間のとれる時に一気に描きあげてしまうのが
一番仕上がりがよいのですが、なかなかそうもまいりませんので、
毎日少しずつ描きたして、ようやく仕上がったのがこちらでございます。

 なかなか絵を描く時間がとれないのが現状ではありますが、
とにかく、たくさん描くことで上達したいと存じます。
ラベル:
posted by 春雪 at 23:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

きのこの妖精

 11月になりました。


 そろそろ散髪に行きたい今日この頃でございます。


 さて、今日は最近描きました「きのこの妖精」をご紹介いたします。

kinokonoyousei.jpg

 秋らしい感じの、あたたかみのある色使いを意識したつもりでございます。

 色づけの最初の方では、黒やブルーなど寒色系の絵の具を使っておりましたが、
あまりにもインパクトが強すぎたため、何度も塗り直してようやく仕上がりました。
 なにしろ、生みの親であるわたくしをもあとずさりさせるような迫力で
睨みつけるものですから、少し怖くなりまして…。

 試行錯誤の末、こうしてご紹介するに差し障りのない「明るい絵」になったかと存じます。

 

 まだまだたくさん描きたいものがございますので、
少しずつ形にしていこうと存じます。

ラベル:きのこ
posted by 春雪 at 19:53| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

「きのこちゃん」

 おかげさまで、四年間続けておりました、絵の通信講座をこの度卒業できそうな感じでございます。
課題がなかなかすすみませんで大変でしたが、今月か来月には卒業証書が届くと存じます。


 さて、課題作品はなかなかすすみませんでしたが、当然のことながら
自由作品は次々と描きたいものがあふれてまいります。

 こちらは先日描きました、「きのこちゃん」でございます。

 kinoko-chan.jpg
illustrated by Shunsetsu

 かわいいです…
 むやみに採ろうとすると、びんの蓋を開けて毒をまきます。



 そしてこちらは、わたくしの弟が少し前に描きました、「キノコの国」でございます。

kinokonokuni.jpg
illustrated by my younger brother


 姉弟ともに、おおいにデッサンを学ぶ余地がございますが、絵を描くことはとても楽しゅうございます。



ラベル:きのこ イラスト
posted by 春雪 at 19:49| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

「桜」

 こちらは、ちょうど去年の今頃に描きました「桜」です。

sakura.jpg

 これまで、いろんな方に見ていただいて、さまざまなご指摘をいただきました。
デッサンや遠近感など、改善すべき点は多々あるものの、
とても美しい絵だと自分では思っております。

 去年のよく晴れた休日に桜を見に行き、その美しさを稚拙ながらも自分で表現したいという衝動にかられ、一気に描き上げたものです。

 もっと技量を磨き、素敵な絵が描けるようになりたいと存じます。
posted by 春雪 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

賞品

 今日より四月でございます。

 そして今日は、とても楽しみに待っておりました、
「コロボックルと切手をつくろう!」コンクールの賞品が届きました。
 10枚組のオリジナル切手シートでございます。

stamp.JPG

 去年の八月に受賞が発表され、待つこと半年余り、
毎日ひそかに今や遅しと待っておりました。
 
 こうして自分の絵が切手になった様子は、素直に嬉しいものでございます。


 colobockle(コロボックル)賞受賞作品「白菊」 2008年08月22日
posted by 春雪 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする