2015年05月26日

なめこ用おでかけポシェット

 先日、お気に入りの布でアストロダイス入れを作りましたが、一番最初に作ったものは、採寸が誤っていたので、がま口に取り付け不可能なものになってしまいました。
 その時の失敗作を利用して、なめこ用のポシェットを作ってみました。

nameko_odekake.jpg

 ちなみに、なめこの右後ろにあります、青い花がらのがま口が、完成したダイス入れでございます。



 去年のちょうど今頃は、わたくしがこの世で一番好きなバンド…amorphisのライブがございました。
 大阪&東京公演の両日をメタルお友達と一緒に参戦でき、夢の様に楽しい二日間でございました。。。
 そういえば、東京遠征の際、こちらのなめこも一緒にお泊りしたのでした。

 また、なめこも一緒に遠征できる時があるといいなあ…と存じます。



 なめこも新幹線にのりました記事…http://shunsetsu.seesaa.net/article/398767336.html
 なめこもお泊りしました記事…http://shunsetsu.seesaa.net/article/397760809.html
posted by 春雪 at 12:52| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

コトリの消しゴムハンコ

kotori_1.JPG

kotori_2.JPG

kotori_3.JPG

kotori_4.JPG



torisann.JPG



 「おともだちの作品紹介」でもご紹介いたしましたが、わたくしの何気ない落書きのコトリ、刺繍になったりハンコになったり活躍中でございます。
 ただ押すだけではつまらないですので、布用インクを使ってクリップに縫い付けてみました。






 コトリは刺繍の得意な友人のお嬢さん(小学生)のペンケースにもほどこされたそうで、
お嬢さんご本人はいたく気に入っていらっしゃるようですが、学校で「目がコワイ」と言われてしまったそうです。
 愛嬌のあるキャラクターではありませんので、そのように思われても仕方がありませんが、生みの親として申し上げますと、とびきりカワイイと存じます。





posted by 春雪 at 21:40| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

自己満足手芸作品 昨年秋制作

murasakisikaku.JPG



「むらさき四角」。ペンダントです。
最近は着物で過ごすことが多いですので、あまり活躍しておりませんが、
お気にいりです。






earth.JPG



「地球」。こちらもペンダント。
同じく、あまり活躍はしておりませんが、惑星らしい感じがお気に入りです。






skuls.JPG



「むらさきスカルちゃん」と「いちごスカルちゃん」。
髪留めです。
なんと、四十手前でありながら、こんなものを頭にくっつけて着物で外出することもしばしば。

いいのです、好きにすれば。
わたくし、もしかしたら奇人かもしれませんが、身だしなみには気を使っているほうですから。


posted by 春雪 at 15:15| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

おともだちの作品紹介

 刺繍が趣味の友人より、すてきながま口が届きました!

0130_kotori.JPG

 クロスステッチ刺繍、ハンガリー刺繍など、刺繍には何度かチャレンジしたものの、
そのたびに挫折してきたわたくしには、大変まぶしい作品です。





 真ん中の青い鳥さんは、わたくしの何気ない落書きから生まれたものですが、
刺繍になると大変立派に見えますのが不思議です。
 ちなみに、原画はこちら。

torisann.JPG

 わたくしの雑記帳には、さまざまな思いつきや考え事が記されておりますが、
なんとなく落書きをすることも多く、たまたま今回の鳥さんが生まれたわけですが、
立派な刺繍にしてもらえて、鳥さんもさぞかし喜んでいることでしょう。





 そして、なんといっても刺繍の素晴らしいところは、色を変えて他の作品を作れることでしょうか。
こちらのピンクの鳥さんバージョンは、友人自身のペンケースとのこと。
 大変かわいいです。

0111_kotori.jpg

 わたくしは手芸が好きなのですが、どうも刺繍だけはまともにできたためしがありませんので、こんなに素晴らしい作品を生み出せる友人が大変羨ましく、まぶしく存じます。


posted by 春雪 at 19:59| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

赤いぼうし

 以前編みました、こちらのぼうし…。



rosecap.jpg



 赤と白の二色使いの可愛らしいお気に入りなのですが、
なぜかほとんど着用しませんでしたので、ほどいて編み直してみました。



tree_akaboushi.JPG



 同じ毛糸で編みましたのに、なぜか今回のほうはよく着用しております。



 その違いは何でしょう…?



 色は同じですので、形が違うだけですが、形はとても重要な要素でございます。
 以前のものはバラ模様で丸っこくて、キュートな女の子全開なデザインでしたが、
今回のものは比較的あっさりしたデザインで、小さな男の子がかぶっていてもおかしくない感じです。

 あまり男女の性差を感じさせないデザインのほうが自分には似合うのかもしれない、と存じました。

 日々勉強でございます。
posted by 春雪 at 12:49| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

赤い足ぼそ

 年末に仕上がりました、赤い足ぼそをご紹介し忘れておりました。

ashiboso_red.JPG

 赤と白の毛糸で編みましたが、赤はアクリルが混じっているせいか、
数回着用しただけでゆるゆるになってしまい、ふくらはぎで止まらなくなりましたので、
はき口にゴムを通して使っております。

 このような、白とはっきりした色を組み合わせた単純な二色使いは、
どことなく北欧っぽいシンプルさが魅力ですので、わたくしがよく使う手法でございます。

 


 余談ですが、昨日、おともだちに小さな編み物作品をプレゼントできたらいいなあ…と思い、
毛糸を買ってまいりました。
 ニュアンスのある、くすんだピンクやワインレッドなどで、わたくしには似合わない色なのですが、
その方にはステキに似合うはずです(と思います)。
 その方も編み物をなさるので、仕上がった作品と、余った毛糸を一緒に送ろうと計画中でございます。
 うまく仕上げる事ができるかどうか分かりませんので、今はヒミツにしておきたいと存じます。

posted by 春雪 at 15:12| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

星と木の帽子

 忙しい日々が続き、気付けば12月になりました。
 そのわりに次々と編み物作品が仕上がっていきますのが不思議です。

 わたくしは帰宅後、全くテレビを見ませんし、編み物はスキマ時間でコツコツできることですので、
まとまった時間がとれなくても、毎日少しずつ編み進めることで完成に至ることができるのかもしれません。



 さて、先日仕上げました、「星と木の模様の帽子」をご紹介いたします。
雪にも見えますが、こちらは星でございます。

star&tree_cap.JPG

 星がもっとも美しいのは漆黒の闇の中ですので、黒い毛糸をベースにしました。
 木は、落葉後に雪がうっすら積もって白くなったところのつもりでございます。
 てっぺんには、白くて大きな満月を…と思い、ポンポンをつけました。


 普通にかぎ針編みのお出来になる方ですと、このくらいの帽子は三日もあれば充分かと。
わたくしは一週間以上かかりましたものの、仕上がりには満足しております。





posted by 春雪 at 13:03| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

薔薇模様のお帽子

 気付けば11月も下旬となり、特に仕事の忙しい今日この頃。いわゆる繁忙期でございます。
 このままのペースで年末まで突っ走りたいものでございます。


 こちらは、赤と白の毛糸で編みました、薔薇模様のお帽子でございます。

rosecap.jpg


 この忙しい時期に、よくもそんな暇があるものだと思われるかもしれませんが、
忙しくなればなるほど、手芸などして心の安らぎが欲しくなるものです。

 特に模様編みは、編み図を必死で追いかける感じになりますので、
編んでいる最中は余計なことを考えず、「無」になれる気がいたします。

 一種の瞑想状態になるような気がしまして、日常の慌ただしさを忘れられるひとときでもあります。


 現在、また模様編みのものを編んでおりますので、完成いたしましたらお披露目したく存じます。

posted by 春雪 at 20:16| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

マフラー制作中

 繁忙期に入り、なかなか仕事以外の時間が充実しにくい今日このごろでございます。
先週より少しずつマフラーを編んでおりますので、まだ途中ではありますが、ご紹介いたします。



simasima_0.jpg



 緑と白の毛糸でシマシマに編んでいるところです。






 昨年は赤いスヌードを編みましたものの、残念ながらお洗濯の仕方が不適切だった為、
使い物にならない状態になってしまい、泣く泣く処分いたしました。
 
 今は無き赤いスヌードでございます。

kinoko_neck.JPG

 お気に入りでしたのに、悔やまれてなりません。
 今度こそ、正しいお洗濯をして、長く愛用したいと存じます。


posted by 春雪 at 15:13| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

通院のおとも

 京都は暑い日が続いております。
 しかし、真綿で首を絞められる様な不快感甚だしい北陸の蒸し暑さにくらべましたら、
爽やかで過ごしやすい、恵まれた気候かと存じます。
 あと数日後には帰省できますので、未だにエアコンが無い実家ではありますが、大変楽しみでございます。


 さて、本日はお気に入りの巾着をご紹介したいと存じます。

snow_white.JPG

 こちらは、自作の巾着に、アチコチさまよりいただきましたワッペンをつけたものでございます。
 かわいらしい白雪姫のワッペンたちを付ける際、左から右へとお話が流れて行く感じにしてみました。

 中にはカイロプラクティック通院グッズであります、スポーツブラと靴下が入っております。

 腱鞘炎、肩凝、腰痛がひどいときは毎週、やや緩和されているときは隔週で通院しておりまして、
通院は嫌なことではありませんが、面倒で煩わしいことでございます。

 おかげさまで、こちらの巾着を持参するようになってからはその煩わしさも紛れ、
少し楽しみに感じられるようになりました。

 このようなちいさなものが、見る度に気持ちを和ませてくれますことは、
不思議でありつつ喜ばしいことでございます。

posted by 春雪 at 20:28| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

本棚模様のスカート

 洋裁はほとんどやったことが無いのですが、ごく簡単なものを作るのが大変楽しい今日この頃でございます。
 「麻の葉模様」に続き、ドクター・タロックという名前のリバティプリントでスカートを縫いましたので、
お披露目したいと存じます。

DrTulloch.jpg

 本棚をモチーフにデザインされたというこちらの柄、
読書好きとしましては見逃せないものがございます。

 買ったばかりの小さなミシンで縫おうとしましたが、
どうやらリバティのような薄手でなめらかすぎる生地は難しいようで、
結局嫁ぎ先のミシンをかりて縫いました。

 よくよく見ますと、かなり注意して作りましたのに、
柄が逆位置になっております…
 完成してから気づきましたので、もうどうしようもありませんし、
かくなるうえは、着用時に自分からみて正位置にある、と思うことにいたします。

 性懲りも無く、また何か縫ってみたいと思っております。


 
posted by 春雪 at 20:06| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

麻の葉模様のスカート

 肩凝、腱鞘炎、膝痛などに悩まされる日々ではございますが、
手芸好きとしましては何かを作っている時間は大変楽しいものでございます。

 さて本日は、買ったばかりの小さなミシンでスカートを縫ってみましたので
お披露目したいと存じます。

asanoha.JPG

 赤い麻の葉模様の布で作ってみました。

 色違いで紺色もございましたが、それですと剣術を学ぶ人のように見えてしまうおそれが
ありましたので、可愛らしい赤を選びました。
 洋裁はほとんどしたことがございませんので、まっすぐ裁断した布を直線縫いして
ゴムを通すだけの、ごく簡単なものでございます。
 このようなマキシ丈のスカートは、ほどよく体型カバーになりますので、
あと何枚か同じ様な作りのものを縫ってみたいと存じます。

posted by 春雪 at 19:52| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

プチ針山の作り方

 今日は、こちらの写真左下の小さな針山の作り方をご紹介したいと存じます。
随分前に作ったのですが、ご紹介し忘れておりましたので、思い出したときに速やかに
ご紹介いたします。

001.jpg


 まずは、用意するものたちがこちら。

207.jpg

 ペットボトルのフタ、わた、布、ボンド…など。
 早速作ってみましょう。



 ペットボトルのフタの内側にボンドをぐるりと。

208.jpg



 丸く切った布で包み込み、内側に折り込みます。

209.jpg

 このとき、指がボンドまみれになりやすいですので、キレイ好きなかたはおしぼりのご用意をおすすめいたします。



 さらに、布の内側にボンドをぐるりと。

210.jpg


 そして、赤い方の丸い布にわたをぎゅっとつめます。

211.jpg

212.jpg

213.jpg



 そして、一気に先ほどのフタに押し込みます。

214.jpg



 いとも簡単にできあがりでございます。

215.jpg



 また、このようにフタに穴を開け、ゴムを通したものですと

216.jpg



 このように指につけて作業ができますので、大変便利でございます。

217.jpg



 いかがでしょう、布の組み合わせ次第でさまざまな作品が生み出せますかと。
 
 自作の道具が、手作り時間をより豊かにしてくれる気がいたしますので、
おすすめでございます。

posted by 春雪 at 17:31| Comment(4) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

パーカーのリメイク

 買ったばかりのちいさなミシンで、ちょっとしたリメイクをいたしましたので、ご紹介したいと存じます。


 黄色いパーカーのフード部分に水色のぽんぽんつきリボンをつけてみました。

001.jpg

 こちらのリボンは、「てづくり交換会」作品、「バレリーナのロゼット」で余ったものを利用いたしております。

harunoodori.jpg


 ぽんぽんつきリボンはかわいらしいですので大好きです。
ビジネスシーンにはふさわしくなさそうですが、女の子らしい雰囲気のパーカーに仕上がりましたかと。



 尚、はじめて稼働してみましたこちらの小さなミシン、
小柄なボディのわりに稼働音が爆音でして、少なからず驚きましてございます。

001.jpg

 ジャノメやブラザーといった普通のミシンしか使ったことがありませんでしたので、
本体ごとバラバラになるのでは?というほどの爆音をまきちらしながら
稼働する様子にはかなり驚きましたが、使い方は簡単ですし、
きれいな縫い目で縫えましたので満足いたしております。


 次はゴム入りスカート(直線縫いのごく簡単なもの)を作ってみたいと存じます。
posted by 春雪 at 17:33| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

マクロス タイニーミシン MCE-3533

 肩凝も腱鞘炎も改善されておりませんが、注文しておりました小さなミシンが届きました。
 左下の二つのピンクッション(赤&ピンク)は、ペットボトルのフタで作ったものです。
こちらのミシンがいかに小型であるかお分かりになりやすいかと存じます。

001.jpg

 マクロス タイニーミシン MCE-3533でございます。
 手で縫うのがしんどいなら、機械を使って縫ってみよう、という発想でございます。
 心に浮かぶものを、とにかく片っ端から目に見えるかたちにしなくては
気が済まないものの、なかなか日々の仕事や義務やさまざまな事柄がありますと
難しいものでございます。

 このちいさなミシンが、ほんの少し手が不自由なわたくしの
頼もしい仲間となってくれることを祈りつつ…

 またこちらのミシンで作った作品をお披露目できたら、と存じます。
posted by 春雪 at 15:18| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

手編みのスヌード

 忙しい最中ではございますが、仕事の合間やスキマ時間を見つけては、
コツコツとスヌードを編みましたのでご紹介したいと存じます。


kinoko_neck.JPG


 お使いのモニタによって見え方が異なるのですが、このような濁りやくすみの無いクリアな色がわたくしにはよく似合います。
 
 似合う色で、しかもウール100%の毛糸で編みましたので、納得の一品でございます。
手作りのシイタケブローチをつけ、ぐるぐるっと二重巻きにして使います。


 こういった冬小物といい、お洋服といい、この時期に既製品で売られている物のほとんどが
くすんだり濁ったりした色でできています。
 ですので、なかなか自分に似合うものが見つけにくく、難儀いたしておりますが、
こうして納得のいく物を作る事ができて大変満足でございます。




posted by 春雪 at 15:46| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

編み物の季節

 編み物の季節でございます。

 フェリシモの「レトロな模様パターンでほっこりかぎ針編みミトンの会(6回限定コレクション)」
で、編み物のキットを注文し、今月分が届きましたので早速ハンドウォーマーを作ってみました。
 こちらは、「ぽんぽんのともし火」というパターンでございます。

tomoshibi2.jpg

 本来はミトンになるものですが、指先が使えた方が何かと便利ですので、
アレンジしてこのように仕上げてみました。
 色も模様もかわいらしく、どことなくきのこっぽいですし、大変気に入っております。

 編み図では、作り目36目でスタートですが、それでは大きすぎますので30目に減らして作りました。
 と、申しますのも、実は先月分でミトンを編んだのですが、
作り方の通りに(36目で)編みましたのに、異様に大きく仕上がってしまい、
仕方なく職場の後輩にゆずった(押し付けた)という残念な過去がございましたので
今回は目を減らして編んでみましたらぴったりでしたので嬉しゅうございます。

 ちなみに先月分は「まっすぐに降る雪」というパターンでございました。

massugu.JPG

 青と白でさわやかな色使いで、こちらも大変お気に入りでしたが、
大きすぎてすぐに脱げてしまいました。
 自分でははめられないですが、後輩に使ってもらうことになり、よかったと存じます。



 今度の休日には何を編もうかしら、と考えますのも楽しいものでございます。
posted by 春雪 at 13:08| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

「ハートさん」

 「ハートさん」は、北斗の拳の「痛てえよ~!」の人ではなく、
わたくしの愛読書「美しく生きる言葉 中原淳一」を読んでいるときに舞い降りてくる
オリジナルキャラでございます。


 こちらが、わたくしの「ハートさん」。

heartsann.jpg


 女性が美しく生きるための素晴らしい教えがたくさんつまったこの本を読むたび、
この「ハートさん」が優しく語りかけてくれているような気がいたします。


 美人でもないわたくしが申し上げるのはおこがましいですが…
このページにあるように、美しくなりたいというのは、自分の心のためだと存じます。
 街を歩いていて振り返ってもらうためではありません。


 この本に書いてあることを実践できているとは到底言えませんが、
昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでも美しくありたいものでございます。


posted by 春雪 at 18:28| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

ポンポンフラワー

今日もとても月が美しゅうございます。

少し前に、大好きなアヴリルさんにてもとめました、
ポンポンフラワーをご紹介したいと存じます。

004.jpg

右下の白っぽいモシャモシャは、先日結婚式におよばれしました際に
髪飾りにしました。
両方とも裏側に安全ピンをつけ、普段はカーディガンやジャケットにつけております。


アヴリルさんには、さまざまな糸があり、
見ていて楽しゅうございます。

そろそろ編み物の季節ですし、またステキな糸を物色しに行きたいと存じます。

posted by 春雪 at 22:14| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

黄緑のヘアバンド

なぜか新しいMacからブログが更新できない日々が続いておりますが、
職場のウインドウズからは普通に更新できることがわかり、
またしても世間の主流はウインドウズで、Macがないがしろにされているという
勝手な被害妄想を抱いております。


 さて、本日は、京都の糸屋さん「AVRIL」さんのワークショップで作った作品をご紹介したいと存じます。

 こちらは、黄緑のヘアバンドでございます。

avrilgreen.JPG

 お店にはたくさんの種類の糸があり…ふわふわしたものや、もこもこしたものや、キラキラしたもの…
どれもとてもかわいらしくて素敵なのです。
 
その日はワークショップ開催日でしたので、好きな糸を購入しますと、
店員さんが作り方を教えてくださいましたので、思いのほか短時間で完成いたしました。

 普段はかぎ針や棒針を使って編み物しておりますので、
指あみなど簡単だろうと思っておりましたが、意外と難しゅうございました。


 そして、ヘアバンドを作った余りの糸で、髪留めを作ってみました。

avrilg.JPG

 ぐるぐるっと糸を巻き、真中をレースでしばっただけの簡単なおリボンをつくり、
バレッタにいたしました。

 どちらも大変気に入っておりますし、またそのうち何か作ってみとう存じます。
posted by 春雪 at 20:11| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする