2013年02月08日

宇宙ピンと水滴ピン

 少し前に始めましたニードルフェルトが大変楽しく、寝る間を惜しんででもやりたいことのひとつになりました。



 こちらは最近の作品であります「宇宙ピン」(左)と「水滴ピン」(右)でございます。



space_water_pin.JPG



 宇宙と水滴という、まったくスケールの異なるものを同じサイズであらわしてみたくなり、作ってみました。



 わたくしはいい年をした大人ですが、こういったものを頭にくっつけていても、何故か周囲からは不思議と違和感がないとおっしゃっていただけます。

 しかし、「うさぎ」「いちご」「ハート」といった、いかにもカワイイものは、
さすがに違和感が否めません。

 その違いは一体何なのでしょう。

 「宇宙」と「うさぎ」の違い、「水滴」と「いちご」の違い…
 前者は女の子らしさのアピール力に欠け、後者は女の子らしさのアピール力が強い、といった違いでしょうか。

 日々勉強でございます。

 
 
posted by 春雪 at 20:42| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

赤いぼうし

 以前編みました、こちらのぼうし…。



rosecap.jpg



 赤と白の二色使いの可愛らしいお気に入りなのですが、
なぜかほとんど着用しませんでしたので、ほどいて編み直してみました。



tree_akaboushi.JPG



 同じ毛糸で編みましたのに、なぜか今回のほうはよく着用しております。



 その違いは何でしょう…?



 色は同じですので、形が違うだけですが、形はとても重要な要素でございます。
 以前のものはバラ模様で丸っこくて、キュートな女の子全開なデザインでしたが、
今回のものは比較的あっさりしたデザインで、小さな男の子がかぶっていてもおかしくない感じです。

 あまり男女の性差を感じさせないデザインのほうが自分には似合うのかもしれない、と存じました。

 日々勉強でございます。
posted by 春雪 at 12:49| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

赤い足ぼそ

 年末に仕上がりました、赤い足ぼそをご紹介し忘れておりました。

ashiboso_red.JPG

 赤と白の毛糸で編みましたが、赤はアクリルが混じっているせいか、
数回着用しただけでゆるゆるになってしまい、ふくらはぎで止まらなくなりましたので、
はき口にゴムを通して使っております。

 このような、白とはっきりした色を組み合わせた単純な二色使いは、
どことなく北欧っぽいシンプルさが魅力ですので、わたくしがよく使う手法でございます。

 


 余談ですが、昨日、おともだちに小さな編み物作品をプレゼントできたらいいなあ…と思い、
毛糸を買ってまいりました。
 ニュアンスのある、くすんだピンクやワインレッドなどで、わたくしには似合わない色なのですが、
その方にはステキに似合うはずです(と思います)。
 その方も編み物をなさるので、仕上がった作品と、余った毛糸を一緒に送ろうと計画中でございます。
 うまく仕上げる事ができるかどうか分かりませんので、今はヒミツにしておきたいと存じます。

posted by 春雪 at 15:12| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

まりもの思い出 〜水中のファンタジー〜

 小学生の頃、まりもを飼っていました。
 まりもを大きく育てようと、日々こまめにお世話をしていました。

 大きくなりすぎて、水槽に入りきらなくなったら、庭にある池に放とうと夢見ておりました。

 しかし、いつまでたってもまりもは大きくなりません。


 どうしたらまりもの成長を促進できるのだろうかと、取り扱い説明書を見てみると、
「まりもを増やしてみよう」とありました。
 まりもをちぎって丸めて水槽に戻すと、まりもが増えると書かれており、
その通りに実行してみました。

 そうして、一つだけあったまりもは、二つになりました。

 しかしそれは、まりもにとって致命傷だったようで、ちぎったところがボソボソになり、
茶色く枯れ始め、やがてまりもは死にました。







 そんな、まりもの思い出をブローチにしてみました。



marimo_1.JPG



 ちぎったりしていなかったら、もしかしたら今もまりもは元気に過ごしていたかもしれません。
増殖に成功していたかもしれません。



 marimo_2.JPG



 いきものを育てるのは、難しい事でございます。

posted by 春雪 at 17:34| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

ブラキオサウルスのブローチ

 「男子がもらって困るブローチ集」という、光浦靖子さんがお書きになった
素晴らしい手芸本に感動し、思わず衝動買いしてしまいました。

 そして、初めてニードルフェルトに挑戦し、作ったのがこちら。

b01.JPG

 ブロントサウルスのつもりで作ったのですが、恐竜好き仲間に見せましたところ、
「ブラキオサウルスですか?」と言われ、なるほど改めて見てみますとブラキオっぽい…

 と、いうことで、ブラキオサウルスということにいたしました。
このように手編みのマフラーにつけております。

b02.JPG





 初めて作ったわりになかなかの出来映え、と自負しております。


 そして、このご本のおかげで、男性に手作りのものをおしつけるのはいけないと分かりましたし、
なぜいけないのかがとても納得できましたので、大変な良書かと存じます。

posted by 春雪 at 12:59| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

毛糸のくつした「ぼた雪」

 京都も少し雪が降り、寒い一日でございました。



 本日は、毛糸で編みましたくつした「ぼた雪」をご紹介いたします。

botayuki.JPG

 ぼた雪とは、わたくしの実家、福井県でよく降る雪の一種で、
水気を含んだ大きな雪のことです。
 こちらのくつしたは、余った毛糸を使い切る目的で編みましたので、
配色が左右でそろわなくなりましたし、編み図なしで適当に編みましたので、
いろいろ不揃いではありますが、暖かくはきごこちのよいものになりました。



 明日は日本海側が大雪とのこと…。
 雪は、見ている分には美しいのですが、生活する上で大変な障害にもなります。 
 センター入試を受ける方々に影響がないことを祈ります。


posted by 春雪 at 19:59| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

編み物のせんせい

 北陸の実家から京都に戻ってまだ一週間ということに大変驚きましてございます。
 実家で過ごしていましたのが遠い昔のことのように感じられます今日この頃ですが、
明日はわたくし、早朝から成人式の撮影補助のお仕事でございます。



 さて、この冬はたくさんのこまごまとした編み物作品を作っておりますが、
そもそもわたくしに編み物を教えてくれたのは、祖母でございます。

 祖母は今年で91歳。おかげさまで元気に過ごしております。
 
 祖母に編み物を習いはじめましたのは、わたくしが小学校低学年の頃でした。
 当時の祖母はセーターやカーディガン等の大作を次々と生み出しており、
一本の糸からさまざまなものが編まれてゆく様子は、まるで魔法のように思えたものです。

 そんな祖母も、近年はさすがに目が悪くなり、大作に挑む事はできなくなりましたものの、
ちいさな編み物を楽しんでいるようでございます。

 こちらは、最近祖母が編みました、靴下。

 20130105_05.jpg

 いかにもおばあちゃんらしい配色でございます。


 わたくしもこれをまねて、靴下を編んでみようと存じます。

posted by 春雪 at 20:13| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

足ぼそ

 帰省中に仕上げました、足ぼそでございます。

20130105_6.JPG

 余った毛糸を寄せ集めて作ったわりに、かわいらしく仕上がりましたので嬉しく存じます。
 赤い部分以外は、毛100%の糸で編みましたので、大変暖かく快適でございます。

 この冬にいくつか編み物作品を仕上げましたが、アクリルの混じった糸で編んだものは、
すぐに緩くなったり毛羽立ったりと、あまりよろしくない気がいたします。

 やはり、天然素材はよいものです。
posted by 春雪 at 19:56| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

紫のネックウォーマー

 年の瀬となりましたが、本日もお取引先様への納品等、何かと慌ただしく、
なかなか自宅の大掃除ができずにおります。
 とはいえ、おかげさまで年内納品も入稿もどうにか済ませる事ができ、
このまま何事も無ければ安心して年越しができそうでございます。



 忙しくなればなるほど、「無」になれる編み物をしたくなるものでして、
最近また一つ作品を完成させましたのでご紹介いたします。


murasaki.jpg


 こちらは、紫と白の二色で編みました、連続模様のネックウォーマーでございます。
 前回編みましたお花畑のネックウォーマーの反省を活かし小さめに作りましたので、使い勝手のよいものとなりました。
 左上のお花は、余った毛糸で作りました髪留めでございます。



 今年はマヤ暦の一つの時代が終わり、一体何がおこるのだろうかと思っておりましたが、
こうしてのんきに編み物などしておれますのは、ありがたいことでございます。



posted by 春雪 at 19:46| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

足ぼそ

 ナウな言い方ですと、「レッグウォーマー」でしょうか。
そう言いたいところですが、つい、「足ぼそ」と呼んでしまいます。

flower_ashiboso.JPG

 先日完成しました「お花畑のネックウォーマー」とお揃いの模様で短めの足ぼそを編んでみました。

 こちらも仕上げてみましたら意外に大きく、いくらわたくしの足が太いといっても
ちょっとやりすぎたかしら、という気がいたします。
 でも、とても温かで気に入っております。

 足首を温めることは、よい寒さ対策かと存じます。





posted by 春雪 at 18:41| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

きのこの指なしミトン

 最近、毛や綿、麻、絹、といった天然素材にこだわっております。
特に直接肌に触れるものは、綿でないと持病のアトピーが悪化しますので、
気をつけるようにしております。



 こちらは、毛の割合が約六割(約三割はアクリル)の
指なしミトンでございます。

kinoko_yubinashi.JPG

 オリジナルの図案を基に編み図を設計し、作ってみました。
シンプルなデザインが気に入っております。



 やはり、毛とアクリルでは保温性が全く違いますので、
なるべく毛の割合の高いものを身につけたいと存じます。


posted by 春雪 at 13:00| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

お花畑のネックウォーマー

 先々月より、地道に編み物作品を仕上げております。
 今回は、それらの余った毛糸を少しずつ使い、ネックウォーマーを作ってみました。

flower_neckwarmer.JPG

 ご覧の通り、ボタンを留めるタイプにいたしました。
 三つ全部留めると、首回りが温かく、一つだけ留めて広げておくと、
肩も温かく、二つ留めるとその中間、といったところでしょうか。

 当初はボタン無しで筒状のものにする予定でしたが、
小さすぎて頭が入らない恐れがありましたので、ボタン式にしましたものの、
完成してみましたら意外に大きく、保温性に期待しにくい結果になりました。

 とはいえ、この形状は可愛らしくて気に入りましたので、
もし次に編むとしたら、目数を減らして小さめに作ろうと存じました。

posted by 春雪 at 18:54| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

星と木の帽子

 忙しい日々が続き、気付けば12月になりました。
 そのわりに次々と編み物作品が仕上がっていきますのが不思議です。

 わたくしは帰宅後、全くテレビを見ませんし、編み物はスキマ時間でコツコツできることですので、
まとまった時間がとれなくても、毎日少しずつ編み進めることで完成に至ることができるのかもしれません。



 さて、先日仕上げました、「星と木の模様の帽子」をご紹介いたします。
雪にも見えますが、こちらは星でございます。

star&tree_cap.JPG

 星がもっとも美しいのは漆黒の闇の中ですので、黒い毛糸をベースにしました。
 木は、落葉後に雪がうっすら積もって白くなったところのつもりでございます。
 てっぺんには、白くて大きな満月を…と思い、ポンポンをつけました。


 普通にかぎ針編みのお出来になる方ですと、このくらいの帽子は三日もあれば充分かと。
わたくしは一週間以上かかりましたものの、仕上がりには満足しております。





posted by 春雪 at 13:03| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

薔薇模様のお帽子

 気付けば11月も下旬となり、特に仕事の忙しい今日この頃。いわゆる繁忙期でございます。
 このままのペースで年末まで突っ走りたいものでございます。


 こちらは、赤と白の毛糸で編みました、薔薇模様のお帽子でございます。

rosecap.jpg


 この忙しい時期に、よくもそんな暇があるものだと思われるかもしれませんが、
忙しくなればなるほど、手芸などして心の安らぎが欲しくなるものです。

 特に模様編みは、編み図を必死で追いかける感じになりますので、
編んでいる最中は余計なことを考えず、「無」になれる気がいたします。

 一種の瞑想状態になるような気がしまして、日常の慌ただしさを忘れられるひとときでもあります。


 現在、また模様編みのものを編んでおりますので、完成いたしましたらお披露目したく存じます。

posted by 春雪 at 20:16| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

木の模様の耳当て帽

 先日完成させました、しましまスヌードのあまった毛糸を使い、帽子を編んでみました。

 こちらも、朝ほんの少し早く起きて編んだり、スキマ時間を見つけては少しずつ編んだものでございます。



tree_cap.JPG




 白と鮮やかな緑の二色使いという、単純で清々しい配色がとても気に入っております。
 さまざまな色を使う方が、編んでいて楽しいのですが、
色が増えると複雑で繊細な印象のものになりがちです。
 自分に似合うのはどちらだろうか…と考えました場合、
やはり単純明快さの方が自分らしいのではないかと存じました。



 一針ごとに編みすすめますのは、根気の要ることではありますが、
大変楽しゅうございます。



posted by 春雪 at 21:17| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

スヌードできました

 11月になり、仕事が繁忙期に入って久しい今日この頃でございます。

 朝、ほんの少しだけ早起きをして5分だけ編む、という地道な作戦により、
やっとスヌードが完成いたしました。


shimashima.JPG



 写真では一重ですが、二重巻きにして使うと大変温かいです。

 マフラーにしようかとも思いましたが、このようにわっか状のスヌードにしますと、
マフラーよりも編む量が少なくてすみます。


 今は、余った毛糸でお揃いの帽子を制作中でございます。

 手編みは少々面倒ではありますが、好きな色のグッズが仕上がりますので、
大変楽しゅうございます。



 
posted by 春雪 at 19:54| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

マフラー制作中

 繁忙期に入り、なかなか仕事以外の時間が充実しにくい今日このごろでございます。
先週より少しずつマフラーを編んでおりますので、まだ途中ではありますが、ご紹介いたします。



simasima_0.jpg



 緑と白の毛糸でシマシマに編んでいるところです。






 昨年は赤いスヌードを編みましたものの、残念ながらお洗濯の仕方が不適切だった為、
使い物にならない状態になってしまい、泣く泣く処分いたしました。
 
 今は無き赤いスヌードでございます。

kinoko_neck.JPG

 お気に入りでしたのに、悔やまれてなりません。
 今度こそ、正しいお洗濯をして、長く愛用したいと存じます。


posted by 春雪 at 15:13| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

通院のおとも

 京都は暑い日が続いております。
 しかし、真綿で首を絞められる様な不快感甚だしい北陸の蒸し暑さにくらべましたら、
爽やかで過ごしやすい、恵まれた気候かと存じます。
 あと数日後には帰省できますので、未だにエアコンが無い実家ではありますが、大変楽しみでございます。


 さて、本日はお気に入りの巾着をご紹介したいと存じます。

snow_white.JPG

 こちらは、自作の巾着に、アチコチさまよりいただきましたワッペンをつけたものでございます。
 かわいらしい白雪姫のワッペンたちを付ける際、左から右へとお話が流れて行く感じにしてみました。

 中にはカイロプラクティック通院グッズであります、スポーツブラと靴下が入っております。

 腱鞘炎、肩凝、腰痛がひどいときは毎週、やや緩和されているときは隔週で通院しておりまして、
通院は嫌なことではありませんが、面倒で煩わしいことでございます。

 おかげさまで、こちらの巾着を持参するようになってからはその煩わしさも紛れ、
少し楽しみに感じられるようになりました。

 このようなちいさなものが、見る度に気持ちを和ませてくれますことは、
不思議でありつつ喜ばしいことでございます。

posted by 春雪 at 20:28| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

本棚模様のスカート

 洋裁はほとんどやったことが無いのですが、ごく簡単なものを作るのが大変楽しい今日この頃でございます。
 「麻の葉模様」に続き、ドクター・タロックという名前のリバティプリントでスカートを縫いましたので、
お披露目したいと存じます。

DrTulloch.jpg

 本棚をモチーフにデザインされたというこちらの柄、
読書好きとしましては見逃せないものがございます。

 買ったばかりの小さなミシンで縫おうとしましたが、
どうやらリバティのような薄手でなめらかすぎる生地は難しいようで、
結局嫁ぎ先のミシンをかりて縫いました。

 よくよく見ますと、かなり注意して作りましたのに、
柄が逆位置になっております…
 完成してから気づきましたので、もうどうしようもありませんし、
かくなるうえは、着用時に自分からみて正位置にある、と思うことにいたします。

 性懲りも無く、また何か縫ってみたいと思っております。


 
posted by 春雪 at 20:06| Comment(2) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

麻の葉模様のスカート

 肩凝、腱鞘炎、膝痛などに悩まされる日々ではございますが、
手芸好きとしましては何かを作っている時間は大変楽しいものでございます。

 さて本日は、買ったばかりの小さなミシンでスカートを縫ってみましたので
お披露目したいと存じます。

asanoha.JPG

 赤い麻の葉模様の布で作ってみました。

 色違いで紺色もございましたが、それですと剣術を学ぶ人のように見えてしまうおそれが
ありましたので、可愛らしい赤を選びました。
 洋裁はほとんどしたことがございませんので、まっすぐ裁断した布を直線縫いして
ゴムを通すだけの、ごく簡単なものでございます。
 このようなマキシ丈のスカートは、ほどよく体型カバーになりますので、
あと何枚か同じ様な作りのものを縫ってみたいと存じます。

posted by 春雪 at 19:52| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする